メールでのお問い合わせ
お問い合わせ・診療予約 電話:052-753-4919
地下鉄 東山線・名城線 本山駅5番出口から徒歩3分
予約優先制

心療内科・精神科・カウンセリング・メンタルヘルス・医療相談・栄養療法・指導なら、名古屋市にあるおさむら心療医院へ。本山駅近く。

クリニックブログ

  • 初めての方へ
  • 料金表
  • 不安障害(神経症)
  • 気分障害(うつ病など)
  • 適応障害

クリニックブログ

Mobile Site
トップページ»  クリニックブログ

クリニックブログ

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

3月はりマッサージ施術予定日にち

☆2020年3月はり灸マッサージ治療のご案内

はり灸マッサージ施術日時
3月は7日、14日、21日、28日の各土曜日予定です。
時間帯は16時半~18時です。
 
当院では院内セラピールームにて理学療法士兼鍼灸師によるはり灸マッサージの治療を行っています。
西洋医学的治療と共に、東洋医学的治療も併せて行う統合的医療を推進しております。
 
頭痛、首・肩のこり、腰痛、だるさ・疲労感、気分がすっきりしないなどの症状に対し
はり灸按摩マッサージなどが受けられます。

毎月土曜日16時半から18時行っております。 
 
施術料金
約20分 3300円 短時間の施術
   30分 4400円 局所を中心とした施術
   60分 6600円 広範囲に対しての施術
 
お問い合わせ、お申し込みは当院までご連絡下さい。メールでも結構です。
 
心と体の保養・診療スペース
おさむら心療医院
 

2020-02-26 23:07:52

コメント(0)

折りたたむ

新型肺炎についてちょっと思うこと

令和2年2月23日は新天皇誕生日ですね。
また夏に向け新東京オリンピックを控え、春へと盛り上がろうというこの時期、今、新コロナウイルスによる新型肺炎の話題が盛んです。

イエスキリストが生きていた時代にも、らい病という感染症がありました。因みにイエスは、「口から入るものが人を汚すのではない。口から出るものが汚すのだ」と言われました。病気は社会の中に位置付けられます。自然に発生するものを、社会の都合、場合によると時の支配者の都合で管理するそういう類のものということです。人の手で色々に操作され得るものです。

力を持つ色んな人が口から発する言葉が人の理性に働きかけ、人の行動を左右します。人間の問題は、感染それは人の心への影響が大きいこととも言えます。感染症の問題は、国の姿勢に表れます。各人の考え方、主張、行動に表れます。時に人を傷つけ、風評被害のようなものにもなります。
自分が罹患しなければいいのか、自分の特に愛するものだけが罹らなければそれでいいのでしょうか。ウイルスのみを悪者としてアドレナリン全開で徹底的に潰しにかかることは自然適応的でしょうか。
イエスの言葉は、病気というものを今一度考え直す、人生生き方を考え直し、根本的に病んだ気を自然に動かし病気を癒すものだと思います。

人類と感染症、細菌やウイルスとの闘い、相克。
歴史的にはヨーロッパで黒死病のペストが流行し、ヨーロッパにおいて人口がかなり減少したという史実があります。こちらは細菌によるものとされていますが、目には見えない微生物による感染症ですね。

文明の発展や現代の繁栄は、医療の発展そして感染症の克服の歴史によるところもあるでしょう。近代において人口が爆発的に増加、平均寿命も伸びています。

日本におけるこの新型肺炎対策が色々に言われています・・・。
新コロナウイルスの特徴は感染力が強い、致死率はインフルエンザより少し高い程度とのこと。飛沫感染であり、空気感染はしないと。

口から入った食べ物や空気は胃腸や肺に入るわけですが、胃や腸内、肺胞内は粘膜でバリアを張っており、厳密にはまだ体外です。粘膜バリアを通して体は常在菌と共存しつつ自己のバランスを保ち異物から適切に防御しているわけです。下痢、嘔吐、咳痰という調整機能は体の自浄作用ですね。

ウイルスも自然の一部。人間は自然のうちに生まれ、自然と共存しつつ進化している。進化適応は古代からの遺伝情報の変異の積み重ね、歴史である、温故知新と言えます。

感染症という病気は、人間の進化と共にあります。生物という自然の営みの一部であるウイルス、細菌から、気づき学んできた歴史です。生き方、生活、文化と無関係ではないのですね。

日本人、東京オリンピックを控えた日本という国の動き方に世界は注目しています。一人一人の口から発する言葉、主張の大まかな総体としての国のあり方、姿勢ですね。中国から始まったとされる感染症。そして文化的にアジアを代表する日本として、日本人として、改めてどう考え発し、動きますか。

自然を愛する日本人、脈々と続く命の連鎖や自然の産物に生かされる体に感謝するそんな日本人の可能性があります。
日頃当たり前に思っている健康、その背後には日頃見ないようにしている病気や死に対する恐怖感があります。改めてそれと向き合い、現実の日々、生活を問い直す機会になります。しあわせ、自由に向かうことは、目に見えない不安やリスクに向き合うこと抜きには考えられませんね。

自然、自己を信頼することで、自分の在り方をまず安定させること。不安や煽りに振り回されず、姿勢を正して生活の在り方を整え、起こっている事実を偏らず認め、今できることやるべきことを、よりよい生活のために必要な手立てを講じていくのですね。知識という外からの情報より、感覚や感情という内からの情報が拠り所となるかもしれません。

日本政府としての方針は、水際作戦は既に諦め、感染のピークを遅らせる、その間に治療体制を整える、重症者への対応を優先するというもののようですね。

個人、種としての生存本能は個人レベルから働きます。自らよく整え自浄作用を高めること。そうしてウイルスによる猛威、影響を緩和させることが、できないでしょうか。自分だけ、ではなく、他人や周り環境との関わりを清めることが、テロ的ウイルスの矛先を緩め感染症と折り合っていく智恵とならないでしょうか。愛とはエネルギーを高めることとも言えますね。分け隔てしないのが愛ですね。心、体を清め、自然環境との関わりを清める。その時、体は当に美しい調和のある神の社ではないでしょうか。
はたしてウイルスによって汚されるのでしょうか、自分から何か穢れ(気枯れ)ていくのでしょうか?

しっかり生きていれば、特に怖いことはありませんね、体が恐怖感を感じても。宇宙という可能性は時と共に自由に向かって広がっていませんか。必要な智恵.、答は風に吹かれている♪♪。心、耳を研ぎ澄ませば・・・聴こえてくる。よく考慮された信念で動きませんか。人生四苦八苦。よく生き、よく死ぬ。とりあえずはそれでいい。

徒らに不安にならず自分なりにしっかり備え、前向きにいきましょう!在るがままです。

ちょっとしたつぶやき、独り言でした。

おさむら心療医院

2020-02-23 21:14:00

コメント(0)

折りたたむ

3月待春茶話会開催のお知らせ

令和2年3月“待春茶話会”開催のお知らせです!
 
本山界隈の静かな環境の隠れ家的(!?)医院スペースである当院のセラピールームで、
本格中国茶と共に、あなたの呼吸を見つめながら心を開放する、そんな一時を過ごしてみませんか?
 
お茶入れは、院長の友人である茶人の悟空さんにして頂きます。
 
日時:令和2年3月14日(土)
             昼の部  13時半~15時
         夜の部  19時半~21時
 
     定員 各6名 参加費  お一人様  3000円(当院特別価格です!)
 
茶人・悟空さんは中国にてお茶を学び、現在は創作茶席などをつくり、アートを通して人の心と対話されます。
 
お申込み問い合わせは当院へご連絡下さい。メールのお問い合わせでも結構です。

当院をご利用の方はもちろん、初めての方、ご興味のある方も歓迎します。
是非、ご参加をお待ちしております。
 
こころとからだの保養・診療スペース
おさむら心療医院
 

2020-02-20 10:38:01

コメント(0)

折りたたむ

如月茶話会開催しました!

令和2年2月15日、当院にて如月茶話会が開催されました。

中国本国認定高級茶芸師である悟空さんのガイドと手ほどきで、中国茶葉がゆっくり目を覚まし人肌へ馴染む温度に温められ、各人へと一杯一杯届けられます。一煎目、二煎目と味わいも深まりますが、体を温め感覚を深め頭を静め、お茶の蓄える大地や自然のエネルギーを頂き生体のエネルギーへと同化(消化・吸収)させていきます。こころとからだが整っていきます。

お茶を通した瞑想的体験になります。
潜在する自分の内面と繋がり、自己の気づきの機会となります。
そうして、ゆっくりすることでいつやら時間を超え、宇宙へと意識が広がります。自己が自然宇宙と一体となる感覚、その深い安らぎである至福感がふわっとやってきます。

ぼーっとすること。思考を抱え込まず、さらっと流し眺めるスタンスになってみる。普段自ら拘束、限定して頑なになりがちな意識を緩める。淀み溜めこみをほどき流していきます。

お茶で心身を温め、また緩む時間です。
マインドフルネス。
あるがまま、素直に自分を認め受け入れることで、緊張ストレスも霧散し、気分も晴れていくのですね。

次回の茶話会開催は、3月14日の予定です。
 詳細は改めてご案内します。

心と体の保養・診療スペース
おさむら心療医院

2020-02-18 11:06:00

コメント(0)

折りたたむ

3月の「マインドフルネスのすすめ」講座開催お知らせ

「マインドフルネスのすすめ」講座が昨年9月から始まりました。
月一回ペースで開催しています。
 
マインドフルネスは1970年代よりアメリカを中心に科学的・医学的な研究が進み、効果が最も実証されている瞑想の一つです。
ストレスや不安を取り除き、心を休め、生産力が上がると実証されています。
 
一般の方も気軽に参加できる、実践的講座です。講師は臨床心理士です。
 
日時:令和2年3月13日(金) 19時~20時
場所:当院カウンセリングルーム
参加費:お一人1000円 定員10名
 
お申し込み、お問い合わせは
電話もしくはメールにて承っております。
 
尚、4月は10日(金)に予定しています。
 
皆さまのご参加をお待ちしております。
 
こころとからだの保養・診療スペース
おさむら心療医院
 
 

2020-02-11 18:18:05

コメント(0)

折りたたむ

ビーイングタッチヒーリング

令和2年2月2日、当院セラピールームにて、「タッチ瞑想会」が開催されました。

ビーイングタッチヒーリングという整体ヒーリングをされている、自然ヒーラーの河野修一さんが主催のワークショップでした。

ビーイングタッチという「気づきのタッチ」なる手当てをすることで、お互いに自然な気持ち良い状態、瞑想状態になることを共有する体験会でした。

前半は、ビーイングタッチの基本姿勢について河野さんから講話があり、後半はビーイングタッチヒーリング施術を実際にペアで交互に行いました。
病は気からと言いますように、気持ちを整えることで心身のバランスを整え、自然治癒力が高まります。生きていると病のリスクはありますが、抗病力も自然に備わっているわけです。気を整えることは、より健康になることです。より充実して生きることです。

3時間、とても心地よい癒し=ヒーリングの場となりました。
宜しければまた体験可能です。

今後も定期的に開催される予定です。3月は1日(日)12時~15時に行われます。初回5000円、2回目以降3000円です。
ご興味のある方は、当院にお問い合わせ下さい。

こころとからだの保養・診療スペース
おさむら心療医院

2020-02-10 20:06:00

コメント(0)

折りたたむ

2月のマインドフルネスすすめ講座開催しました

如月ですね。一気に真冬の寒さになってきました。

今月は7日、マインドフルネスのすすめ講座を開催致しました。
この寒い中、そして日常、仕事などで忙しい中、参加頂きありがとうございました。

脳、心、身体と、日頃感じるストレスからどう付き合い、気持ちを整えたり気持ちよく働いたりできるのか。

マインドフルネス瞑想では、自分と連動するリズミカルな呼吸に意識を向けながら自分の思考、感情、身体感覚という各面に気づき、自分を見つめます。
頭フル回転の日常に、ちょっと隙間、余裕、遊びの時間をもつ、シンプルな方法です。

当院では、臨床心理士であるマインドフルネス認知療法のトレーナーが呼吸法の指導をします。

「マインドフルネスのすすめ」講座は月一回開催しています。3月は13日(金)予定です。

詳細はまた改めてお知らせします。

心と体の保養・診療スペース
おさむら心療医院
 

2020-02-09 12:44:00

コメント(0)

折りたたむ

節分と立春

今日は節分でした。
旧暦にして、立春の明日から新年ということになります。

日々新たに。
年々新たに。

今日を手放し、今年を手放す。
明日や来年に向けて不安と期待が高まりますね。

諸行無常。森羅万象、物事は流転しています。
節目節目、時間的なサイクルを重ね、見た目マクロにはあまり変わらないようで、ミクロには常に変わらざるを得ないですね。
宇宙・自然は常に動き廻っているのが現実です。無限のエネルギーの渦の中で。

地球及び生き物には成長、進化という前向きのエネルギーが働いています。

外宇宙と内心は、動き続けるエネルギーですね。

日々生活していると、色んな状況の中で自動的に考え、不安や落ち込みという感情も起こります。感情はエネルギーが色んな色彩を帯びて表出したもの、景色のように移り変わっていきます。雲のように感情はそのままに流れます。悲喜こもごも、それぞれに感じ流し、循環させます。それぞれのリズムの基には、新鮮な生感が常に在り、それは希望の光ではないでしょうか。

今ここからいきましょう。

明日は、来年は、私たちはどんなことができるでしょうか?

心と体の保養・診療スペース
おさむら心療医院

2020-02-03 21:21:08

コメント(0)

折りたたむ

今冬のできごと

この冬は、暖冬がもう合言葉のようになってますね。

そんな中、話題の新型肺炎。

イギリスのEU離脱、ゴーン氏の逃亡など。

新聞ではこの辺も気になります。

変な気候と景気。自然や社会は繋がりながら変動する開放系システムです。

個人の体調と気分も、そういった環境から絶えず影響を受けながら、各々の心身バランス(ホメオスターシス)を保つ訳ですね。
 
命の働きは自分を保つため、環境を的確に把握しそれに応じて自然にバランスをとります。

外界という空間宇宙、内界という時系列。
宇宙、地球、人類との関係は開放系システムやフラクタル構造(相似形、入れ子構造)と言われます。

宇宙の動きと地球自然の変化に対応した人間の適応と進化は、各々の人の全体的な営みの延長にありますね。

今意識していることが現実です。今を感じ、自然に素直に求め動くこと。
自然治癒力といい、マインドフルネスや森田療法のあるがままといい、今ここで純粋に「ある」こと。単純な営みに深い意味がある。

色々な出来事が起こることで、不安や落ち込みなど感情的な反応として揺さぶられますが、それもいのちの色彩でありいのちの働きとして統合され、揺れながらも自分の内なるリズムとして常に統制されているのですね。

頭であれこれ考えがちですが、しばしば情報に惑わされ焦り力が入りすぎます。そうして過去を悔い、先を案じて考えが堂々巡りして生気が停滞します。

今意識していることが現実です。今の現実に立ち、落ち着いて現実に即した知恵に基づいた自然な体の反応を感じ自然に動く、これが命の自然な働きですね。揺らぎ、ストレスに対するバランスでありレジリエンス(復元力)です。

生きている今、気づけば最強の新鮮なエネルギー(生気)に支えられているのではないでしょうか。

こころとからだの保養・診療スペース
おさむら心療医院

2020-01-29 21:26:00

コメント(0)

折りたたむ

2月のはりマッサージ治療のご案内

☆2020年2月はり灸マッサージ治療のご案内

はり灸マッサージ施術日時
2月は1日、8日、15日、22日、29日の各土曜日です。
時間帯は16時半~18時です。
 
当院では院内セラピールームにて理学療法士兼鍼灸師によるはり灸マッサージの治療を行っています。
西洋医学的治療と共に、東洋医学的治療も併せて行う統合的医療を推進しております。
 
頭痛、首・肩のこり、腰痛、だるさ・疲労感、気分がすっきりしないなどの症状に対し
はり灸按摩マッサージなどが受けられます。

毎月土曜日16時半から18時行っております。 
 
施術料金
約20分 3300円 短時間の施術
   30分 4400円 局所を中心とした施術
   60分 6600円 広範囲に対しての施術
 
お問い合わせ、お申し込みは当院までご連絡下さい。メールでも結構です。
 
心と体の保養・診療スペース
おさむら心療医院

2020-01-23 16:55:00

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
TOPに戻る