メールでのお問い合わせ
お問い合わせ・診療予約 電話:052-753-4919
地下鉄 東山線・名城線 本山駅5番出口から徒歩3分
予約優先制

心療内科・精神科・カウンセリング・メンタルヘルス・医療相談・栄養療法・指導なら、名古屋市にあるおさむら心療医院へ。本山駅近く。

クリニックブログ

  • 初めての方へ
  • 料金表
  • 不安障害(神経症)
  • 気分障害(うつ病など)
  • 適応障害

クリニックブログ

Mobile Site
トップページ»  クリニックブログ»  新型肺炎についてちょっと思うこと

新型肺炎についてちょっと思うこと

新型肺炎についてちょっと思うこと

令和2年2月23日は新天皇誕生日ですね。
また夏に向け新東京オリンピックを控え、春へと盛り上がろうというこの時期、今、新コロナウイルスによる新型肺炎の話題が盛んです。

イエスキリストが生きていた時代にも、らい病という感染症がありました。因みにイエスは、「口から入るものが人を汚すのではない。口から出るものが汚すのだ」と言われました。病気は社会の中に位置付けられます。自然に発生するものを、社会の都合、場合によると時の支配者の都合で管理するそういう類のものということです。人の手で色々に操作され得るものです。

力を持つ色んな人が口から発する言葉が人の理性に働きかけ、人の行動を左右します。人間の問題は、感染それは人の心への影響が大きいこととも言えます。感染症の問題は、国の姿勢に表れます。各人の考え方、主張、行動に表れます。時に人を傷つけ、風評被害のようなものにもなります。
自分が罹患しなければいいのか、自分の特に愛するものだけが罹らなければそれでいいのでしょうか。ウイルスのみを悪者としてアドレナリン全開で徹底的に潰しにかかることは自然適応的でしょうか。
イエスの言葉は、病気というものを今一度考え直す、人生生き方を考え直し、根本的に病んだ気を自然に動かし病気を癒すものだと思います。

人類と感染症、細菌やウイルスとの闘い、相克。
歴史的にはヨーロッパで黒死病のペストが流行し、ヨーロッパにおいて人口がかなり減少したという史実があります。こちらは細菌によるものとされていますが、目には見えない微生物による感染症ですね。

文明の発展や現代の繁栄は、医療の発展そして感染症の克服の歴史によるところもあるでしょう。近代において人口が爆発的に増加、平均寿命も伸びています。

日本におけるこの新型肺炎対策が色々に言われています・・・。
新コロナウイルスの特徴は感染力が強い、致死率はインフルエンザより少し高い程度とのこと。飛沫感染であり、空気感染はしないと。

口から入った食べ物や空気は胃腸や肺に入るわけですが、胃や腸内、肺胞内は粘膜でバリアを張っており、厳密にはまだ体外です。粘膜バリアを通して体は常在菌と共存しつつ自己のバランスを保ち異物から適切に防御しているわけです。下痢、嘔吐、咳痰という調整機能は体の自浄作用ですね。

ウイルスも自然の一部。人間は自然のうちに生まれ、自然と共存しつつ進化している。進化適応は古代からの遺伝情報の変異の積み重ね、歴史である、温故知新と言えます。

感染症という病気は、人間の進化と共にあります。生物という自然の営みの一部であるウイルス、細菌から、気づき学んできた歴史です。生き方、生活、文化と無関係ではないのですね。

日本人、東京オリンピックを控えた日本という国の動き方に世界は注目しています。一人一人の口から発する言葉、主張の大まかな総体としての国のあり方、姿勢ですね。中国から始まったとされる感染症。そして文化的にアジアを代表する日本として、日本人として、改めてどう考え発し、動きますか。

自然を愛する日本人、脈々と続く命の連鎖や自然の産物に生かされる体に感謝するそんな日本人の可能性があります。
日頃当たり前に思っている健康、その背後には日頃見ないようにしている病気や死に対する恐怖感があります。改めてそれと向き合い、現実の日々、生活を問い直す機会になります。しあわせ、自由に向かうことは、目に見えない不安やリスクに向き合うこと抜きには考えられませんね。

自然、自己を信頼することで、自分の在り方をまず安定させること。不安や煽りに振り回されず、姿勢を正して生活の在り方を整え、起こっている事実を偏らず認め、今できることやるべきことを、よりよい生活のために必要な手立てを講じていくのですね。知識という外からの情報より、感覚や感情という内からの情報が拠り所となるかもしれません。

日本政府としての方針は、水際作戦は既に諦め、感染のピークを遅らせる、その間に治療体制を整える、重症者への対応を優先するというもののようですね。

個人、種としての生存本能は個人レベルから働きます。自らよく整え自浄作用を高めること。そうしてウイルスによる猛威、影響を緩和させることが、できないでしょうか。自分だけ、ではなく、他人や周り環境との関わりを清めることが、テロ的ウイルスの矛先を緩め感染症と折り合っていく智恵とならないでしょうか。愛とはエネルギーを高めることとも言えますね。分け隔てしないのが愛ですね。心、体を清め、自然環境との関わりを清める。その時、体は当に美しい調和のある神の社ではないでしょうか。
はたしてウイルスによって汚されるのでしょうか、自分から何か穢れ(気枯れ)ていくのでしょうか?

しっかり生きていれば、特に怖いことはありませんね、体が恐怖感を感じても。宇宙という可能性は時と共に自由に向かって広がっていませんか。必要な智恵.、答は風に吹かれている♪♪。心、耳を研ぎ澄ませば・・・聴こえてくる。よく考慮された信念で動きませんか。人生四苦八苦。よく生き、よく死ぬ。とりあえずはそれでいい。

徒らに不安にならず自分なりにしっかり備え、前向きにいきましょう!在るがままです。

ちょっとしたつぶやき、独り言でした。

おさむら心療医院

2020-02-23 21:14:00

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
TOPに戻る