• 052-753-4919

  • 診療
    時間

  • 月・火・金
    10:00~14:00 15:30~18:30
    土・日
    9:30~13:30 15:00~18:00

    ※日曜は概ね月2回半日の診療をいたします。お知らせをご覧ください。

クリニックブログ

水無月

今年もはや6月、水無月に入りましたね。

緊急事態宣言、休業要請が解除、自粛要請も緩和され、私達の生活も恐る恐るながら少しずつ落ち着きを取り戻しつつあるかと思います。

今月6月と言えば梅雨の時期になりますかね。今年は梅雨もどうなるでしょうか?!昨今は季節の移りが極端、急だったりしますし。

今年は、オリンピックイヤーの活気高まる華やかな年になるかと期待されていたところが、一転強制自粛ムードとなりました。世界経済も、なかなか先行きますます予測がつかないところです。

天気もしかり景気もしかり、激しい変動と不安定さが目立つ昨今です。気が変わりやすい、移ろいやすい。周り(環境)、地球や宇宙のリズムから心身も直接・間接的に大きく影響を受けますね。

変化は、心を波立たせ不安・緊張の状態として反応します。変化は新陳代謝、即ち生まれ変わりの運動です。古いエネルギーから新しいエネルギーに変態するプロセス。これが生ではないでしょうか?創造の前に破壊、緊張のエネルギーが生まれます。生きるエネルギーは宇宙とのやりとり、呼吸、リズム(振幅)運動です。それと一体になる時、生のエクスタシー(歓喜)、至福感に出会う。生は死と背中合わせであることが現実ですね。だから精神も必死になる、一生懸命に生きようとする。 

自分のリズムを見失うと、生きる狭間でネガティブな感情を生じます。ちょっと冷静になり気持ちの余裕を持ち大いなるリズムに改めて身をゆだねると、かりそめではなく実在するもの、何か絶対的な存在感を感じるのだと思います。芸術的や宗教的な感動のエネルギーでもあるもの。生は難しかったり大変であること、その中に素晴らしい宝があり輝きそのものと言えます。今が全て、マインドフルネス、感謝ですね。

心と体の保養・診療スペース
おさむら心療医院

メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る